英語翻訳や中国語翻訳など微妙なニュアンスを表現できる翻訳が必要!失敗しない翻訳会社。

理想の翻訳を希望する方や企業は多いのですが、希望に沿った結果が返ってこないこともあります。また、納期についても期間にはばらつきがあります。しっかりとした翻訳スタッフを揃えている翻訳会社に依頼することが必要です。

TOP 翻訳会社

翻訳会社の目次

  1. 各分野に特化した翻訳を行っている翻訳会社
  2. 翻訳会社に英訳を依頼する
  3. 広範囲に対応できる大手の翻訳会社
  4. 短納期に対応できる翻訳会社
  5. 翻訳会社による学術論文のチェック
  6. 海外にも支店がある翻訳会社
  7. 翻訳会社への依頼のしかた
  8. 高品質な翻訳会社を利用したい時には
  9. 正式な文章書類を取り扱う翻訳会社の役割
  10. 最近の翻訳会社の利用傾向
  11. 翻訳会社が意識するライバル
  12. 失敗しない翻訳会社の選び方について
  13. 翻訳会社に勤めるには
  14. 医療に関する翻訳会社
  15. 単価を比較したい翻訳会社

各分野に特化した翻訳を行っている翻訳会社

翻訳を仕事とする翻訳者は語学の能力に長けているだけではなく、文章力、分析力、表現力、専門分野知識などあらゆる能力を必要とします。

フリーで行っている翻訳家も数多くいますが、そういった能力を兼ね揃えている翻訳家を揃えて各分野に特化した翻訳を行っている翻訳会社も多いです。

世界進出している企業が数多く増えており、今後も翻訳はますます需要が高まることでしょう。

翻訳会社に英訳を依頼する

日本語の文章や書類を英語に訳して海外で使用したいことがあります。その場合には慣れないと、果たして誤解を生じないかどうかなど心配なことがあります。そういう際には、翻訳会社に依頼して、訳のチェックや、英訳そのものを依頼して行ってもらうことができます。

依頼先の翻訳会社には、どういった目的の原稿なのかを伝えておくと、それに合致した訳をしてもらいやすくなります。そして翻訳会社でもそれぞれ得意なジャンル、分野、専門などがあることがあります。それぞれの英訳したいものについて、適した会社に依頼をすることが大切です。

それぞれの翻訳会社は要求すれば、得意な分野などを教えてくれます。ホームページなどを持つ会社の場合には、案内などに対象分野を表記してあるところがあります。こうした点に注意して委託することで、スムーズに的確な訳を得ることができます。

広範囲に対応できる大手の翻訳会社

大手の翻訳会社に依頼するといい点があると考えられますが、さらに詳しい事について見ていきたいと思います。

まず、大手の翻訳会社であれば、たくさんのスタッフがいる事が予想されます。また仕事も広範囲に対応できます。

翻訳会社は医療やITまたは食品や法律などいろんな分野の仕事の中から特定の分野のみを扱う事も多いですが、大手の翻訳会社であれば、それらすべてに対応できる事もあります。

知らない翻訳会社であったとしても大手であれば、安心感があるという事もあるでしょう。少人数の会社や個人で行っている人にも、もちろん良さはありますが、大手の会社とは異なる性質がありますので、知っておきましょう。

翻訳についての記事

短納期に対応できる翻訳会社

とにかく、できるだけ早く翻訳会社には納品してほしいという事もあるでしょう。そんな場合には、短納期に対応できる翻訳会社を探して相談するといいでしょう。

また、翻訳会社に依頼する時には、どれだけのボリュームの内容の仕事をいつまでに行ってほしいのかという希望を伝える事によって、対応できるかどうか検討してもらう事ができます。

短納期に対応できる翻訳会社があると、仕事がストップしてしまう事なく、順調に進める事ができますので、非常に便利ではないかと考えられます。それでも、繁忙期となれば翻訳会社は納品までにより長い時間を必要とする事もありますので、念のために対応可能かどうかを確かめる様にしましょう。

翻訳会社による学術論文のチェック

学位取得や業務で学術論文を外国語で執筆しないといけない場合があります。母国語が英語でない日本人の場合には、最終的にはできあがった外国語の論文原稿をネイティブの人にチェックしてもらう作業がほぼ必須のものとされています。これは何気ない表現のなかにニュアンスの違いや受け取り方の誤解が生じることが論文の場合には大きな問題となることがあるからです。したがって気になる箇所には日本語の原稿もつけて一緒に校正時に送るようにするとよいです。論文のチェックに関しては翻訳会社でも得意分野があるのが普通です。

通常はそのホームページなどに担当できる分野が掲載されていることが多いです。したがって自分の提出する学術論文の分野に関して理解でき、論文の精読に必要な専門知識や技能を持つレベルの校正者のそろった翻訳会社を選ぶ必要があります。

海外にも支店がある翻訳会社

国内で業務を行うばかりではなくて、翻訳会社の場合には海外にも支店があるという事もあります。

海外にも支店がある翻訳会社では、たくさんの国のクライアントから依頼を受ける事もあります。日本人の場合には国内の翻訳会社に依頼する事もできますし、また海外の会社でも日本国内に拠点がある会社を利用すると、やり取りを日本語で行う事ができたり、また取引について万が一の事があった際にも、国内の法律が適応される事になりますので安心ではないでしょうか。

海外の翻訳会社に依頼するという事も可能ですので、選択肢に含めて考えると、選ぶ事ができる翻訳会社はかなり多くなります。依頼したいと思える会社を見つけましょう。

翻訳会社への依頼のしかた

翻訳会社への依頼については、内容からもほとんどの会社がメールや決まったフォーマットで申し込みをするようなことが多いです。

例えばこの言語からこの言語に訳してほしいといった項目を選び、その訳してほしい文章をメールやフォーマットから送付することで、まずはメールにて翻訳結果が返ってきます。こちらの希望次第では訳した文章をきちんとした書面で出してくれる翻訳会社もあり、そういった細かな詳細については別途相談することが大切です。

また翻訳会社には守秘義務がありますので、依頼した内容が外に漏れる心配も皆無です。その点でも安心できます。

高品質な翻訳会社を利用したい時には

ネイティブによる言語翻訳は、医療業界や法律関係、IT業界など様々な専門分野において幅広く役立てられています。様々なサービス展開が行われている翻訳会社も存在しており、高い品質での翻訳サービス提供と共に、多様な言語への対応が可能とされています。

それぞれの依頼について、予算や納期などに応じた内容の業務が取り扱われており、リーズナブルに精密な翻訳を実現させることができます。

インターネットで公開されているホームページを通じても、あらゆる情報が詳しく得られるため、目的に沿った翻訳会社を手軽に探し出すことができます。

正式な文章書類を取り扱う翻訳会社の役割

個人で翻訳会社に何かの翻訳を依頼するという人はほとんどないかと思いますが、翻訳を専門としている翻訳会社は現在沢山あります。どういったことをしているのかというと企業などから依頼された正式な文章などをその希望にあった言語に翻訳するというものです。

どの翻訳会社にもその言語を話すことができる人はいるかもしれませんが、正式な文章などはやはり正式な形で読み取る必要があるため、沢山の企業が依頼しています。

どのような言語の取り扱いがあるかは翻訳会社によって異なっています。依頼する際にこの言語が取り扱えるのかどうか確認しましょう。

最近の翻訳会社の利用傾向

ここ何年かのアジア圏のブームにより、今までの英語での翻訳会社だけではなく韓国語や中国語での翻訳会社が勢いを増しているようです。また、本などの翻訳も従来通り主流となっていますが、外国人などの日本への居住者の増加により、契約書や取り扱い説明書、論文、またマニュアルなどの翻訳の仕事も増えているようです。

また、IT技術の向上により、コンピューターを駆使し、低価格の翻訳サービスを提供できる会社も増えているようです。しかし、従来の専門のネイティブチェッカーが行う高品質の翻訳にはかなわないようで、専門用語などが多い分野では金額を惜しまず会社選びをした方がよいようです。

翻訳会社が意識するライバル

翻訳会社は、一般の人には中々馴染みのない業界、仕事だと思います。しかし、医学界や科学の世界では海外の有名な方の論文や論評を翻訳して国内での研究やビジネスに繋げて行く必要がある為、かなり大きな業界です。そして専門性が高く参入障壁も低くはありませんから、この業界で働く方の給与は消して安くはありません。

グローバル化が進み日本でも海外の知見が重要視されていますから将来的にも有望な業界ですし、翻訳会社というのは転職先として今は良いと感じます。しかし、インターネットで気軽に行える翻訳もあるので競争となっています。今後更に翻訳の精度はAIの力を借りて飛躍的に向上します。

失敗しない翻訳会社の選び方について

翻訳会社を選ぶ際、失敗しないためにいくつかポイントがあります。まず、自分が依頼したい分野の翻訳実績があるかどうか、得意としているかどうかが大事です。

ビジネス文書は専門的な単語も沢山出てくる為、その分野に長けた翻訳者がいると安心です。翻訳サンプルがあれば、見せてもらうと完成品のイメージが掴みやすいです。次に、納期が他社に比べて極端に短かったり、単価が極端に安かったりするところは注意が必要です。

短納期、低コストを意識するあまり、クオリティが低い可能性が高いです。複数人でセクションごとに分けて翻訳を担当し、前後の整合性が取れない等のトラブルもよく聞きます。

翻訳会社に勤めるには

翻訳会社に勤めたいという人はどうしたらいいでしょうか。翻訳者になるのに資格は特に必要ありません。外国語を学んだものならなれます。ただし、英語なら英検1級程度の語学力は必要です。大学で学ぶか、翻訳専門学校などで専門的に学ぶことで、実力がつき、翻訳者とのつながりが広がることにより、未来がひらけていくことがあるようです。

しかしながら、会社に勤めたいと願っても、願いが叶わないこともあります。実力があってもチャンスが訪れないとなかなか難しいようです。その為、翻訳会社に登録し、単発的に仕事をこなしながら、実力をつけて道を切り開いていくようです。

医療に関する翻訳会社

医療というのは非常に専門的な分野となります。そのため、翻訳会社を探す際には注意しないといけません。

医療に関する仕事を扱う事ができる翻訳会社である必要があります。

翻訳会社選びにおいては、これまでの実績などを参考にしてみるといいでしょう。文章にはいろんな専門性があるという事も考えられますので、それに合わせて翻訳会社を決定しないといけません。

どうしても自分で判断できない場合には、文章のサンプルを翻訳会社に見せた上で対応してもらえるかどうか意見をもらうといいでしょう。医療に関しては医薬品に関する一定のニーズがあるでしょう。正確性が求められる分野ですので、適性は大事です。

単価を比較したい翻訳会社

多くの場合、翻訳会社の単価というのは文字数によって決められています。

文字数が多くなればその分だけ多くの費用を翻訳会社に支払う事になります。また、時として翻訳会社選びにおいては、コスト重視の場合もあるでしょう。

その様な時には、翻訳会社の単価を比較してみると分かりやすいでしょう。

しかし、翻訳会社を決めるには、納品までの早さやクオリティの高さも関係しています。会社を選ぶ時には、どの様な条件を優先するのか考えないといけません。特に時間や質について問われない状況であれば、コストを優先すると、助かる場合もあります。

会社として依頼するのであれば、予算について考える事も大事でしょう。

メニュー

英語翻訳や中国語翻訳など翻訳が必要!HOME 翻訳会社 英語の翻訳 英語翻訳会社 英語翻訳 スペイン語翻訳 ロシア語翻訳 ロシア語翻訳会社 中国語翻訳 翻訳の会社 翻訳

当サイトへのお問い合わせはこちらから。英語翻訳やスペイン語翻訳、ロシア語翻訳、中国語翻訳など多くの言語に対応した翻訳会社についてのコンテンツを取り揃えています。海外進出をする大阪・東京などの企業にとって翻訳や通訳サービスは品質の高さが重要です。